快楽園

医薬品に関して

医薬品は大きく分けて「先発薬」と「後発医薬品」の2つに分けられます。
この後発医薬品をより馴染みのある単語で言えば、俗に呼ばれるジェネリック医薬品のことを指しています。

この記事を読んでくれる多くの方は何かしらの体調不良を訴えて医療機関に行き、ジェネリック医薬品でも問題ないかを問われた経験があるのではないでしょうか。

今日は医薬品にまつわる、先発薬の秘密やジェネリック医薬品が何故安いのかなど、知っているようで知らない秘密を教えたいと思います。

先発薬

では何故先発薬と呼ばれるのか?ですが、薬にも開発や販売に順番があります。
先に開発して世の中に出回った薬のことを先発薬と呼び、疾患に悩む方へ処方されることから知名度も高くなる傾向にあります。

ED治療薬で言えばバイアグラやレビトラ、シアリスと言った名の通った薬は全て先発薬として販売されています。
このように先発薬は人に確かな信頼と安心をもたらしてくれる一方で、高額なのも特徴的です。

ED治療薬であれば先発薬を選択する場合、薬代だけで1錠1,500円ほどし、1箱4錠入りであればたった4回のセックスのために6,000円も使う計算になります。
この高額な理由として、長年にわたる検査や臨床試験などで費用をかけてしまった背景があるのです。

販売するためには研究者が必要であり、実際に何度も検証を重ね、世の中に出回ります。
実際わたしたちが飲むころに研究が疎かで、死亡事故など起こっても困りますよね。

そのため検証期間、そして検証にかかる費用、人体を使った臨床試験などを重ねに重ね、1つの医薬品を作るためには数十億円も必要と言われています。

この費用を回収するために、先発薬は高額になってしまうのです。
先発薬はこれらの期間、そして苦労を伴って製造されたため、販売されると薬の特許として他社が同じ成分を使って製造してはいけない規則があります。

これによりわたしたち一般市民が安いジェネリック医薬品が欲しくても、手に入らない、いや手に入れることができないのです。

バイアグラ

ジェネリック医薬品

先発薬のお話をしたところで次は後発医薬品(ジェネリック医薬品)のお話しをしましょう。
ここからは後発医薬品のことをジェネリック医薬品と書いていきます。

ジェネリック医薬品も文字通り、後から販売された医薬品のことを指します。
成分は先発薬と同等ですが、飲みやすさを考慮した形状や味の変更はしてもよく、価格も物によって異なりますが半額以下で提供されています。

ジェネリック医薬品に対して間違った知識がある方も多いので、まず何故成分が同じなの?といった疑問を解決しましょう。

ジェネリック医薬品を販売するためには、厚生労働省の許可がなければいけません。
ここで検査をする項目として以下のような順序があります。

  • 規格及び試験方法
  • 安定性試験
  • 生物学的同等性試験

これによって先発薬との成分に違いがないか?
薬剤が高温によって溶け出しても影響がないか?

厳しい審査のもと販売されているため、認可されたジェネリック医薬品は非常に安全性が保証されています。
ただジェネリックが普及に伸び悩むのは、やはり飲み続けてきた先発薬が安心だと言う理由があるのでしょう。

このようにジェネリック医薬品は先発薬と同じ成分を使って販売されているため、まず先発薬の特許期間が過ぎていること、そして成分を新たに研究する必要がないことから安値で提供されているだけなのです。

つまり厳密な検査を通過したものだけがジェネリックとして認められ販売されており、先発薬の欠点を補うようにしつつ価格も抑えられる、これがジェネリック医薬品です。

長く使い続けた先発薬が安心する、そう思う方でも一度ジェネリックを試してみることで医療費削減に繋がります。
ジェネリックにしたからといって、先発薬に戻すことができない、そんなルールはないので、継続的に服用が必要なED治療薬であれば尚更ジェネリックがおススメです。

バイアグラ

海外医薬品

しかしジェネリック医薬品は上の項目でもお話したように厳密な審査があり、特に日本の厚生労働省は世界的に見ても非常に厳しい背景があります。

世界的に見てもジェネリック医薬品として認められている数が圧倒的に少なく、日本人はジェネリックが良くても処方されないケースが大半です。
ED治療薬などが非常に良い例で、実際医療機関で処方されるものはバイアグラ、レビトラ、シアリスだけで、ごく一部バイアグラのジェネリック医薬品が流通しているのみです。
海外ではレビトラやシアリスのジェネリックは当然のように患者に処方されます。
水を必要とせずに場所も取らないフィルムタイプ、トローチのように舐められるチュアブル錠、中にはゼリータイプも存在しED治療薬=ジェネリックとして認識されているのも事実です。

日本ではEDで悩み、実際に医療機関に足を運んだとしても、自由診療で明確な治療費が設定されておらず、診察代で10,000円を超えることも珍しくありません。
そこに処方箋代、更には先発薬の高額な医療費を請求されて、ジェネリックを選びたくても選べないのです。

しかし個人輸入代行サイトを使うことでこれらのジェネリックを購入することが可能となり、通販サイトなので処方箋や診察代をかけることなく購入することができます。
個人輸入代行サイトとは、海外に在住する人間が運営するサイトで、代行してわたしたち服用者にジェネリック医薬品を提供してくれています。

けして違法ではなく、厚生労働省も認める輸入方法でこの方法であればレビトラやシアリス、中には日本にはないステンドラなどと言ったED治療薬を購入することが可能となっているのです。

まとめ

日本にいながらED治療薬のジェネリックを選ぶためには通販サイトを利用し、数あるジェネリックから自分に合ったものを購入できる。
診察代や処方箋などの費用を必要としない。
通院する時間と交通費を省くことができる。

これだけで通販サイトを利用して医薬品を購入することは十分なメリットと言えるのです。

バイアグラ
Copyright © postv.org

TOP