快楽園

個人輸入での通販に関して

医薬品の個人輸入と聞くと、とても難しそうですよね。

手に入れようとしている品物がどこの国の物かにもよると思いますが、まず英語が話せないと手を出しづらい印象を受けます。
しかも、医薬品の個人輸入というと法律も絡みそうですし、そもそも医薬品の製造業者と交渉するという行為自体、言語力が問われそうです。

ところが近年、医薬品に関しては、個人輸入に関わる一切を引き受けてくれて、自分の代わりに手続きをしてくれる「個人輸入代行業者」という人たちがいます。
このような業者を経由することで、海外の医薬品が日本国内に居ながらにして手軽に入手できる時代になったのです。

では、個人輸入についての詳しい内容に触れていきましょう。

安全面

海外の業者から医薬品を輸入するとなると、気になるのが安全面だと思います。
海外から個人輸入される医薬品は日本国内で承認を受けていないので、日本国内で流通している医薬品と同等の品質ではないかもしれません。
さらには、自分が購入した医薬品が偽造品かもしれないという危険性もあります。

実際、シンガポールで偽造ED治療薬を服用した人が死亡するという事例が発生しています。
ファイザー社の発表によると、偽造バイアグラはこれまでになんと世界60カ国で発見されているとのことです。

バイアグラは医師であっても、偽造かどうか判断する見極めが難しく、個人輸入を請け負う業者の中にもこのような偽造品を扱う業者が存在する可能性は充分にあります。
そのため、医薬品を個人輸入する際には、安全な医薬品を扱う信頼できる業者であることを見分ける目を持つことが大切なのです。

信用できる業者を見分ける際に見るべき点は、

  • 利用者の質問に答えてくれる窓口があるかどうか
  • 商品についての説明がきちんとなされているかどうか
  • 個人輸入にありがちな配送トラブルに対応してくれるかどうか
  • 正規品にはない規格の医薬品を取り扱っていると悪質な業者である可能性が高い
  • 「特定商取引法に基づいた内容」を記載しているかどうか

上記の5点を見るといいと思います。
それぞれ確認してみて、納得のいく業者で個人輸入をすることをおすすめします。

買い物の方法

個人輸入代行業者のサイトを使って通販をする場合、ほとんどが楽天やAmazonで通販するときと変わらない手順で手軽に買い物できるようになっていると思います。

購入の方法は、サイトでお買い物かごに商品を入れて、購入ボタンを押し、クレジットカードや振り込みなどで決済するという手順が一般的です。
業者によっては、電話やFAXを受け付けてくれるところもあるようですよ。
購入する人のライフスタイルに合わせて注文方法も選べるといいと思います。

ただし、通販とはいえ、輸入を代行してもらうということですので、この後で触れる輸送面については特に念頭に置いておく必要があります。

輸送面

通販とはいえ、個人輸入は海外から品物が到着するのを待つ必要があります。
海外からの輸入は、一般的にはコストの安い船便での輸送です。

そのため、発送される地域にもよりますが、注文してから到着までに1~2週間ほどを要することが多いです。
郵便局のサイトで国際郵便について調べてみましたが、やはり到着までに2週間前後の時間を要している地域が多かったです。

また、日本人ほど働き者ではない国からの発送ですと、やたらと休日が多く、さらに日数がかかったりすることもあります。
商品の到着は、発送国のお国柄にも左右されてしまうということですね。

そのような輸送にかかる事情を頭に入れ、医薬品の個人輸入は、日数的に余裕をもって注文するのが良いでしょう。

低価格

日本は、医薬品の価格が高いです。 高いと感じることが少ないとしたら、それは日本に存在する医療保険という制度のおかげで個人が負担する額が少なくなっているからです。

ED治療を日本国内で受けようとすると、保険が効かない自由診療になるため、診察代や薬代は医師の裁量によって決められます。
そのため、薬の定価にさらに上乗せされた代金を支払うことになるのです。

個人輸入で購入できる医薬品が安いのは、その薬が流通している地域の価格で購入できるからです。
しかもジェネリック薬ともなると、かかるコストの中に開発費は含まれないので、薬の価格を安くすることができます。
そのため、個人輸入でジェネリック薬を購入すると、価格が安く抑えられるのです。

まとめ

現在、個人輸入は通販と同じように手軽に利用することができます。
海外からの輸入ということで、それに伴うリスクはありますが、日本国内に居ながらにして安価な海外の商品を手にできるという点で、非常に優れているのではないでしょうか。

また、現代は、ひと昔に比べたら流通網や通信網も格段によくなりました。
今後も、さらなる発展が期待できる分野だと思います。

ED治療で医療機関にかかるとなると、通う時間や交通費、診察代や薬代というコストがかかります。
また、病院に通うという行為自体が周囲にEDであることを知らしめてしまう可能性もあります。
個人輸入は、このようなコストやリスクを回避して、自宅でこっそりED治療をすることも叶うのです。

バイアグラに関して
Copyright © postv.org

TOP